エアアジア!クアラルンプールからシンガポールへ乗り換えの機内の比較

2018年シンガポール夫婦旅

エアアジアでクアラルンプールからシンガポールまでは初めてでした。
その時の飛行機です。

羽田国際からクアラルンプール「airbus A330」機内は席が3-3-3


Airbus A330
シートの幅も狭くて足幅もとっても狭いので隣同士が近い!!!

それでも小柄な私はやや辛いと感じながらも我慢が出来る範囲内です。

結構年季の入ったシートで直角で腰が痛くなる。

多少ガタイの大きい方、男性は7時間あまりは結構きついかも。

 

ちなみにエアバス330にはホットシート、クワイエットシート、プレミアムフラットベッドがあります。

LCCでもプレミアムフラットベッドなら快適かも。

クアラルンプールからシンガポール「airbus A320」の座席は3-3

 

そしてクアラルンプールからシンガポールに乗り換えます。

↑airbus A320

いよいよ搭乗となった時
機体が小さいので
わっ、こりゃますます狭いのか!

中に入ってみると座席は3-3です。

座席が広そうに感じます。

フリーWi-Fiも
隣だって気にならない。
シートだってとっても綺麗です。

こっちの方が断然快適!
しかしわずか1時間のフライト。
日本と機体を変えて欲しいくらいです。

 

世界でもっとも快適な噂のチャンギ空港に着きましたがターミナル4の到着はな〜んにもありません。
ターミナル4は他と離れているのでターミナル2までのフリーバスに乗りそこからMRTにのります。
まずはホテルに向かいました。

T4からTA2に向かいMRTへ

エアアジアでチャンギ空港には「ターミナル4」に到着します。

ターミナル4からはMRTが走っていません。

バスでターミナル2へ移動します。

矢印に沿っていくとバス乗り場に到着します。

バスはほぼ5分おきくらいにくるので便利