サプリメントを極める!ビタミン、ミネラル、からだに必要なものの選び方

美容と健康

サプリメントを極める!

サプリメントはどんな時に飲むのか?
どんな目的で飲むのか?


若い時からビタミンCなどいくつか飲んでいますが年々サプリメントを飲む数が増えてきました。
やみくもにただ飲むだけではなくもう一度サプリメントの働きや飲み方を見直してみようかと思います。

そもそもサプリメントは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブなどのいずれかを含んで、
日常生活の食事だけでは足りないものを補うもの。
肌や体のためにビタミンC
節々が痛くなって病院にかかったら糖分の取り過ぎでビタミンBが減少しているとビタミンBを飲み
骨のためにカルシウム。
最近ではお肌のためにプラセンタ、コラーゲン、乳酸菌。
体重が気になりカロリミット。
体力がなくなりにんにく卵黄、すっぽんコラーゲン。
その他クロレラ。


10年ほど前からアーユルヴェーダを知りそれからアムラやシャタバリ、トリファラなどハーブサプリも取り入れています。

このように年々自分の身体に足りないと思われるものが増え始めました。
この先年々年を取るたびに食事よりもサプリメントのほうが増えそうです。

サプリメントは飲んでも効果なし?

くすりと違ってサプリメントは不足している栄養分を補うものなので即効性は有りません。
健康維持のサポートととして栄養素により効果はまちまちです。

ビタミンC一番即効性があります
ビタミンB群2週間ほど
亜鉛2か月ほど
DHA3か月以上

ささみい 
サプリメントは毎日飲み続けて結果が出るものなので、定期購入して常にストックしておいた方がいいですね。

若い時からサプリを飲んでいますが現在は飲むサプリの種類が増えたのだけは気になりますが、
生まれて一度も(お産以外)入院経験がないのはやはりサプリのおかげが少なからずあるかもしれません。

サプリメントの選び方

体の疲れ、脳の疲れ、疲れの種類によってサプリが変わってきます。


体力を使う仕事、筋トレなど体の疲労感によるストレスは
筋肉のタンパク質を補うようなアミノ酸系サプリメント

デスクワークなど目を酷使するストレスはブルーベリーで眼精疲労をサポート
脳内のストレスを緩和するためにリラックスホルモンであるセロトニンを引き出すトリプトファン

年齢により必要なサプリメントは変わってくる。
20代⇒ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維
乱れた食生活、暴飲暴食しがちな若い世代は糖質を多くとりがちなのでビタミンB群が不足しがち。
ファーストフードを食べすぎる傾向にあるので野菜、ビタミンCが不足してしまう。

30代⇒食物繊維、ウコン
働く世代の30代は飲み過ぎると肝臓に負担がかかるのでウコン。
女性の場合は結婚、出産などのために女性の身体つくりの葉酸。

40代⇒DHA、ブルーベリー
中年を意識する頃は血流改善のDHA、EPA。
生活習慣病に気をつけたい年代はDHAでサポート。
視力が気になる年代にはブルーベリー。

50代、60代⇒アントシアニン、DHA、EPA、ブルーベリー、カルシウム
忍び寄る老化や病。
血糖値が気になる、血圧が気になる、階段を上ると動悸、めまいに膝関節に痛みが、、、。
病気と隣り合わせの50代、60代
ロコモから寝たきりにならないようにサプリメントの重要性が高まります。

サプリメントの取り過ぎに注意すること

サプリメントは日常の食生活で足りない栄養素をサプリメントで補う働きがあります。
しかし過剰に取りすぎてしまうと健康維持が逆効果になってしまいます。

脂溶性ビタミンには気をつけよう!

ビタミン類には水溶性と脂溶性があります。
水溶性ビタミン⇒ビタミンB群、ビタミンC
脂溶性ビタミン⇒ビタミンA、D、E、K

水溶性ビタミンは水に溶けやすいので過剰にとっても尿と一緒に体外に排出されます。
気をつけたいのは脂溶性ビタミン、水に溶けにくいので体内に残ってしまうので過剰摂取に注意。
では摂りすぎてしまうとどうなるのか?
ビタミンA⇒肝機能障害
カルシウム⇒尿路結石
ナイアシン⇒皮膚の発赤
ビタミンC⇒下痢

サプリメントの種類

ビタミン類

ビタミンA 目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、
抵抗力を強めたりする働き。
緑黄色野菜が足りない時に。
ビタミンB 3大栄養素の代謝をサポート
糖分を摂りすぎるひとに
ビタミンC 細胞の酸化を防ぐ
活性酸素の除去
ビタミンD カルシウムとリンの吸収を助ける。
血中カルシウム濃度を一定に調節。
不足すると骨粗鬆症になりやすくなり、
骨折による寝たきりのリスクが高くなる。
ビタミンE 細胞や毛細血管を若々しく。
血中コレステロールの酸化を防いで、
抹消の毛細血管の流れをスムーズに。

その他

アスタキサンチン 魚介に含まれる色素成分。
抗酸化力。
生活習慣病対策
葉酸 ビタミンB群の一種。
赤血球の生産を助ける造血ビタミン。
皮膚や粘膜の強化
体の発育にも重要なビタミン
ビオチン 皮膚や粘膜の健康を守る。
亜鉛 新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラル
細胞にダメージを与える活性酸素を除去
貧血予防
不足すると息がきれる、顔色が悪い
疲れやすくなる。
カルシウム 骨や歯の主要な構成成分になる。
細胞の分裂・分化、筋肉収縮、血液凝固作用の促進
マグネシウム 酵素の働きを助ける。
栄養素の合成・分解

現代のサプリ事情

平成、令和となりスキンケア、ヘアケア、サプリメントや食事などオーガニックが増加中!
オーガニック、ベジタリアン、ヴィーガンだんだんと世界はナチュラル思考になってきました。
サプリメントも植物エキス、ハーブなども増えています。

ハーブ系のサプリメントはアーユルヴェーダが多いので私は「iherb」の「himaraya」が安心して購入できます。

アーユルヴェーダの主なハーブの種類は以下こんなものがあります。
ニーム、アムラなど。
後はターメリック、クローブ、ジンジャーなどスパイスもハーブの一種。

AMALAKI 天然の豊富なビタミンC
アムラはオレンジ2個分のビタミンC
抗酸化効果
SHALLAKI ジョイントケア
関節痛、軟骨など
SHIGRU ドラムスティック
モリンガ
ビタミンA、C、カルシウム、カリウム
ARJUNA 強壮剤
ハートケア
ASHVAGANDHA ハートケア
ストレス抑制
NEEM スキンケア
体の免疫力サポート
TRIPHALA ハリタキ、アマラキ、ヒビタキ
消化器系サポート、便秘
SHATAVARI 女性ケア
授乳促進、閉経後の女性
TULASI ホーリーバジル
呼吸器系、インフルエンザ

iherb

お勧めのサプリメントショップ

私が使っているサプリメントです。
日本のサプリメントはしっかりとした基準で作られているのでどれも安心して飲むことが出来るのですが、
おススメはやはり自分で飲んだことがあるものが一番安心して勧められます。

iherb

アーユルヴェーダやハーブ系は「iherb」を使っているのでお勧めできます。
日本にいながらオーガニック認証のサプリメントを安心して購入できるからです。

himarayaのブランドは私自身が海外で出会って以来続けていますが
それぞれお気に入りのオーガニックブランドが見つかると思います。

iherbで最近購入し始めたのは「sunfood」のブランドです。
シリアルやアサイー、マキベリーパウダーなど国内で購入するより安い価格で買うことが出来ます。

iherb

DHC

DHCはあちこちの駅チカで購入できるのでとても便利です。
勿論ネットなら家にいながら購入できるのでもちろん便利。
特に最近では「ぶっとび定期便」なるモノができて毎日使うもの、飲むものなどが定期便になったのでますます便利になりました。

サプリメント全品、化粧品がいつでも25%OFF!!!
好きな商品を好きな間隔(毎月、2か月に1回、3ヶ月に1回)で定期的にお届け♪

サプリメントの買い忘れがこれでなくなります。

送料
例)定価が税込1,500円の商品の場合
1カ月に1回のお届けペースで「1個」ずつお届けの場合⇒ 送料500円
3カ月に1回のお届けペースで「3個」まとめてお届けの場合⇒ 送料無料

DHCのおススメサプリメント
実際に飲んだサプリメントの中で「これは良い!!」のおすすめは
○パーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル
ビタミン&ミネラルがバランスよく入っているのでこれは断然おススメ。
現在飲んでいますが 乳酸菌・アミノ酸・CoQ10も配合されこれ以上のサプリはないと思う。

○ニンニク+卵黄
ビタミン&ミネラルにもう一つ加えたいサプリ
にんにくと卵黄で元気が出そうです。

○よくばり青汁
ビタミン&ミネラルサプリが完璧なのであえておススメは青汁です。

ぶっとび定期便

DHCオンラインショップ

ファンケル

大人のカロリミット
ファンケルはサプリメントの中でも「大人のカロリミット」


ファンケルのサプリメントは残念ながら「大人のカロリミット」しか飲んだことがないんですね。
年齢とともに食事の量が変わらなくても健康診断で毎年お腹周りが大きくなるのでこれは困った。
悩んでいるときに飲んでみました。
大人のカロリミットは日常活動時における脂肪を代謝する力を高めてくれる。

食事の糖の吸収を抑えてくれる。
成分はブラックジンジャー由来ペンタメトキシフラボン
ギムネマ
イミノシュガー(桑の葉由来)
エピガロカテキンガレード(中国国家認定2種抽出)
キトサン
ファセオラミン(インゲン豆由来)

1日1回4粒

【ファンケル】大人のカロリミット

ささみい 
人生100年の時代だから自分の身体は自分でしっかり管理していくことが大事だと日頃感じています。
そのために最近では昔ながらの日本の食卓、納豆、豆腐、マメ、ゴマなど出来るだけ摂るように心掛け
足りないと思う栄養素はサプリメントで補って自分の身体を労わって長生きしたいと思います。