スパイスは料理の味付けだけではない!使い方次第で健康になる効果も

世界の色々

たくさんのお土産を持って帰国した主人ですが
たくさんのナッツとともにスパイスも大量に買い込みました。
我が家はナッツの消費量も多いですがスパイスも多いのです。

↑バザールで量り売りで買うので名前が分かりません、、、(;’∀’)

 

我が家は主人が80%料理担当です。

っていうことは日本食が20%
後の80%はスパイスを使ったペルシャ料理がほとんどです。

↑ある日のごはん

和食に酒、みりん、だしを使うように
ペルシャ料理はターメリック、サフラン、ジンジャーなどスパイスをほぼ毎日使います。
私にはこのスパイスがほとんどよくわかりません。
ジンジャー、ターメリック、シナモン
ここまでは分かるのですがあとは見分けがつきません。

右上の瓶3つはほとんど同じ色で分かりません。

この3つの中の一つがAdvieh

Adviehは数種類のスパイスをミックスしています。

これを使うと一気にお肉がケバブの香りになります。

しかし料理に塩は使いますが砂糖は一切使いません
唐辛子のように辛いものもありません。

きっと日本人の口にも合うと思います。
うこん、
ターメリックの消費量は多いですね
毎日使ってます。

写真の左上の黄色がターメリックです。
つぎはジンジャーパウダー
紅茶にはシナモン、カルダモン、クローブなど入れます。

ターメリックの次に多く使うサフラン。

サフランはそのまま使うのではなくパウダーにして使います。


ここで使っているのがこちら

ついでにyoutubeでは本物のサフランとフェイクサフランの見分け方があったので参考になります

サフランはお茶として飲んでも女性に良いんです。
リラックス効果も得られますよ。

スパイスには食べ物の味を高めるほか身体に良い効能もあるので健康の秘訣もスパイスにあり!

シナモン 消化器系に有効
シチューやソースに
クローブ 殺菌・消毒効果
焼き物、ソースに
ターメリック 消化作用や新陳代謝の活性化
カルダモン 疲労回復や整腸作用
料理、飲み物に
ジンジャー 発散、健胃、保温、解熱、消炎、鎮吐
フェヌグリーク 滋養強壮、栄養補給、食欲増進、解熱剤
カレーに
サフラン 鎮静、鎮痛、通経作用、婦人病に

 

ささみい 
いつもの料理に塩の代わりにほんの少しスパイスを入れてみる。それだけで塩分が減るかも。味に深みが出て意外な発見が出来るかもしれません

スパイスを買いにインドに行ってみる!!(^◇^)
H.I.S. インド旅行