マッサージ使用からエクササイズマシーンに変身!ドクターエア 3Dマッサージロール

ドクターエア 3Dマッサージロール美容と健康情報

ドクターエア 3Dマッサージロール

以前から使っていました。
ドクターエア 3Dマッサージロール


こちらは超強力な振動で身体をもみほぐしてくれる素晴らしいマシーンで、いつもマッサージとして背中や肩、腰、足などに使っています。
振動は4段階ですが一番弱い「1」モードでもブルブルときます。
疲れた体にしっかりとローラーが振動してコリをほぐしてくれる非常にありがたいローラーです。
今まではず~~とマッサージ使用でした。
振動が超強力で肩や腰のこりに気持が良いので大活躍してくれます。
最近はエクササイズとして活用しています。

どうして急にエクササイズに使おうかと思ったのか?
きっかけはテレビでした。
番組で新型コロナウイルスで家にいる機会が増え「コロナ太り」の話題になり
家で簡単に出来るエクササイズの一つとして「マッサージのローラー」が紹介されました。
ローラーを使ってストレッチをしよう!
ローラーをウエストや太ももにあてコロコロするとみんな口をそろえて
「いててて、、。」とうなりながらコロコロしています。

それを見て私も
「そういえば、ドクターエア 3Dマッサージロール
同じものが家にあるじゃない!」
いつもはマッサージロールにアシストカバーを付けて使っていたので凸凹が全く気にならない。
だからストレッチができる事を忘れてただのマッサージ用として使ってました。
早速カバーを外してみたら、、

凸凹したマッサージロールが出現!

ドクターエア 3Dマッサージロール
私も真似してコロコロ。
これでコロコロふくらはぎにあてると確かに痛い。
非常に痛い。
痛いけどとっても気持ちが良い。

マッサージ機器の機能

ドクターエアのローラーは、こんな機能があります。

まずは、パワフル振動のマッサージとして使う。


本体にアシストカバーを付けて使用。

  • 神経痛、筋肉痛の痛みの緩和に
  • ヨガ、ストレッチのサポートとして
  • 疲労回復、血行促進
  • 筋肉のこりほぐし

医療機器認証取得済み

4つの振動モード

電源を入れるとモードは4段階あります。

4つの振動モード
モード1 弱:約2,300(±300)回/分
モード2 中:約2,700(±300)回/分
モード3 ローテーションで振動変化
モード4 強:約3,700(±300)回/分

電源オンにすると約15分ぐらい使えるのでちょっと長いかなと思いますがコリをほぐすのに十分な時間です。

最長180分使用可能
3Dマッサージロールの良いところは一度充電すると長く使えることです。
すぐにバッテリーが切れてしまうと充電が面倒で使わなくなってしまいますが、
3Dマッサージロールはそんなことがない。
飽きっぽい私が使っているのは使いたいときに充電切れがないことだと思います。

エクササイズとしての使い方

「筋膜リリース」ほぐし
3Dマッサージロールでコロコロすると何がいいのか?
「筋膜リリース」ほぐしに効くというのです。

筋膜ほぐし

筋膜と言うのは人間の身体の皮(皮膚)と肉(筋肉)の間の部分(筋外膜)
筋膜のよじれがこり、はり、痛みの原因になります。
ここをローラーでコロコロすることによってしっかりとほぐす効果がある。

体重をかけてローラーを前後にコロコロ回転することで血液循環、筋肉を和らげます。

●ふくらはぎ~足首
ふくらはぎから足首のコリ伸ばし、
ふくらはぎの下にローラーを置いて足首に向かってコロコロします。
●足裏
●太もも
座って手を後ろにつき、ふとももの下にローラーを置きコロコロ。
お尻を浮かせて前後に転がします。
ふとももの裏側の筋肉を意識。
太もも外側、太もも前も同じようにローラーを転がす。
●大臀筋
お尻の筋膜ほぐし。
寝ころんで肘をつき、ローラーをお尻の横あたりに置いて前後にコロコロ。
●背中
背中でローラーを左右に転がすようにコロコロ。
●ウエスト横
●お腹
うつ伏せになり肘を付いて、下腹にローラーを使ってコロコロ転がす。

ゆっくりと痛気持ちが良いくらいの感じで体感。

ローラーで筋肉をほぐし、血行促進。
ますます使えるアイテムになりました。
マッサージロール

筋膜ほぐしでストレッチが出来て、マッサージの振動で更に筋肉を揉みほぐすドクターエアのローラーは1万円以下の価格。

この価格で使えるローラーは確かに良い。

どんな年代の人でも家にいながらコロコロするだけで筋膜リリースができるアイテムです。

節約家の私がおすすめです。

ささみい 
マッサージとしてだけではなく、筋膜ほぐしとして電源を入れずに使えるので気に入って毎日使っています。ストレッチに最高です。