メイクのお悩み解決!最強ファンデーションのタイプ別選び方とおすすめブランド

メイク

「あの人綺麗♪」はファンデーションで決まる

毎日強い日差しから肌を守るために紫外線対策をしっかりとしています。


朝の洗顔が終わってからしっかりとスキンケアをしないと、部屋にいても紫外線のダメージを受けるからです。

そしてしっかりとカバーしたところでメイクに入るわけですが
鏡に映った顔には頬や眼の下に薄っすらとシミが、、、。
毎日の肌のくすみチェック!

肌の調子がいいか、悪いのかはこのシミの濃さによって分かるんです。

シミや毛穴、、鏡に映る素顔は年々悩みの数が増えてくるわけですが
この悩みも一挙に解決してくれるのが

ファンデーション(^^)/

ファンデーションを塗っただけで気になるジミやくすみがなかったように消えてしまうファンデーションは最強です。
しかしこのファンデーションは自分の肌色と合わない時には、くすんだ肌に見えてしまう。
合わない肌色のファンデーションをのせると、逆にますます肌色がくすんでしまったりするんです。
肌の欠点を消してしまうのも、ますますくすんだ色に変えてしまうのもファンデーション!

 

ファンデーションを選ぶのはとっても難しいですね。

ファンデーションの種類

ファンデーションはクリームやリキッドなどいろいろとあります。
選ぶときには「簡単だから」の理由で選んだりしませんか。
選び方次第で崩れる!浮いちゃう!毛穴が目立っちゃう!
こんな悩みから解放するかも♪
どんなファンデーションを選ぶかで仕上がりや印象が変わってきます。

  • クリームファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • スティックタイプのファンデーション
  • パウダーファンデーション
  • ミネラルファンデーション
  • クッションファンデーション

ファンデーションでもこんなに種類があるんです。
肌に合ったファンデーションのタイプを選ぶとメイクの仕上がりが確実にアップします。

クリームファンデーション

油分が多めのファンデーション。
カバー力、保湿力はリキッドタイプよりも高い。
乾燥肌、年齢肌におすすめ。
乾燥する冬の季節にもクリームファンデーションなら潤い持続のメイク仕上がりに。


年齢肌の私はクリームファンデーションを使いことが多いです。
各ブランドにより色が微妙に違います。
普段の時とお出かけのキレイ見せの時とファンデーションを変えて使っています。

D.if story
BBシャイニークリーム 
ここ一番のキレイなは肌に見せるときにはコレ!
お気に入りの「D.if story」です。
D.if storyはファンデだけではなく、どれもが宝石のパウダーと美容成分が配合されたリッチ感満載のアイテムです。
特にBBクリームは天然ダイヤモンドパウダー&天然パールパウダー2つの宝石を贅沢に配合。
年齢肌もさらりと隠してくれるありがたいファンデなんです。


滑らかに肌にのりラメが反射してワンランクアップした肌になります。
お友達と女子会、同窓会、パーティーはキラキララメのBBシャイニークリーム を使ってます。
お肌のトーンを明るくキレイに見せる!BBクリーム&フェイスパウダーセットはこちら

 

 

アテニア
ラスターフィニッシュ

厚塗り感ゼロ!!!
新発想「ツヤ肌 形状記憶」ファンデ

オイルジェルが肌の凹凸を埋めながら綺麗に伸びる。
真珠パウダーがくすみのない明るい肌に仕上げる。
リキッドやクリームタイプでよれてしまうと悩んでいる方におすすめです。

ささみい 
アテニアは20代、30代に人気ですがラスターフィニッシュは年齢肌が気になる50代、60代の方に是非とも試してほしいファンデです。

アテニア ラスターフィニッシュ
ラスターフィットジェル  小じわやたるみ毛穴の凹凸を埋めて、  なめらかな肌表面に整える

リキッドファンデーション

液体タイプのファンデーション
肌への密着力が高い。
クリームファンデーションよりもナチュラルな仕上がり。
カバー力、保湿力が高いので乾燥肌タイプにおすすめ。


ヴァーチェ
ミネラルリキッドファンデーション
最高峰オイル「マルラオイル」配合。美容液成分81.6%
クレンジング不要、石鹸でメイクオフ



肌が呼吸するような軽いつけ心地
シミ・シワを徹底カバー
「長時間のメイク後なのに、肌が疲れていない!」
高いカバー力、なのに軽い付け心地。年齢肌専用ファンデ【ミネラルリキッドファンデーション】
肌にやさしいミネラルファンデで実現したカバー力と、 肌が呼吸するような軽いつけ心地が特徴

ささみい 
マルラオイル配合のリキッドファンデは肌にやさしく、肌悩みをカバーしながらナチュラルな仕上がりはうれしい♪

スティックタイプのファンデーション

スティックタイプなのでそのまま肌に乗せてのばすだけ。
手軽に使えてカバー力もあり年齢肌の方におすすめ。


マナラ「BBリキッドバー」
BBクリームの手軽さ&リキッドファンデーションの仕上がり。
SPF35 PA+++

めちゃめちゃ使いやすく、肌のくすみもシミもあっという間に隠してくれるなくてはならないファンデーション。

私の肌質にぴったりと合うお気に入り。
使いやすさは多分スティックの太さだと思う。
太めのスティックだから塗る面積が大きく滑らかに広がります。

リキッドBBバー
30秒で簡単!きれい!新感覚BBクリーム リキッドBBバー

ささみい 
BBリキッドバーはバックに入るコンパクトさで、通勤、旅行などバックに入れてメイク直しがお手軽に出来るお気に入り!!

パウダーファンデーション

粉をプレスとして固めたファンデーション。
油分が少ないので脂性肌におすすめなファンデーション。
若い方にはパウダーファンデーションを。
パウダーファンデーションを使うと、ルースパウダー、プレストパウダーが要らないメリット。
時短でで仕上がる手軽さ。
乾燥肌の方が使うと毛穴が目立つかも、、。

DHC
薬用PWパウダリーファンデーション
ひと塗りでシミ・そばかす・くすみ・毛穴をカバー
ベタつかず、さらさらとした使用感がお好みの方におすすめ
DHC薬用PWパウダリーファンデーション<リフィル>

Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション
明るく輝く肌へ導く「ルミニストヴェール処方」
厚塗り感のないカバー効果でくすみ・毛穴・凹凸・シミをカバー
美容成分コエンザイムQ10以外にも潤い成分であるスイゼンジノリ多糖体、セラミド、
ふっくらハリ成分のマチルス樹皮エキス、マリンコラーゲン
そして他にはない済んだ肌見せサポート、ウメ果実エキス
ピンッ!とハリのある肌に見せたい方におすすめ。
DHCルミニスト | DHC Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション<リフィル>

ミネラルファンデーション

付けたまま寝ても大丈夫という、天然ミネラル成分で出来たファンデーション。
敏感肌の方や肌にダメージになる成分を徹底排除したい方におすすめ。


ETVOS(エトヴォス)
「スターターキット」
気になる毛穴やシミ、小じわのカバー力に優れています。
マットスムースミネラルファンデ+下地+ブラシがセット


SPF30 PA++
紫外線もしっかりカット。
メイクしながらスキンケア。
パウダーなのに乾かない。
ミネラルファンデーション スターターキット
「ミネラルファンデーションお試しセット」

エトヴォスのメイクアイテムはクレンジング不要♪
敏感肌やオーガニックにこだわりのある方におススメファンデ。

クッションファンデーション

リキッドファンデーションがスポンジに染み込んだファンデーション。
リキッドタイプとパウダータイプのいいとこどり♪
メイクが苦手な方でもスポンジで伸ばして簡単にしっかり仕上がる。
全ての肌タイプや特に普段メイクをしない方にもおすすめなファンデーション。


プラセンティストクッションファンデーション
テレビでも話題のクッションファンデ。
プラセンティストクッションファンデーションは美容成分プラセンタ配合。
ファンデーションなのに美容成分が72.9%配合。
人気の秘密は薄くついているのにしっかりシミ、くすみをカバーしてくれること。
美容液+日焼け止め+化粧下地+ファンデーション+コンシーラー
1つで5役 時短メイク


プラセンティストクッションファンデーション
「実感うるツヤ肌」プラセンティスト・クッションファンデーション

WEB限定の63%OFF⇒1,980円(税込)
ベージュとライトベージュがあります。

ささみい 
クッションファンデは普段メイクをしない方や上手くメイクが出来ない方に人気です。60代、70代の方でもクッションファンデを使えば失敗なしで若見え肌に(^^)/

ファンデーションカラーの選び方

肌色と言っても肌の色はそれぞれ違うのでカラーの選び方次第で印象が変わるのでとっても大事。
私の場合は人よりくすんでいると感じていたので、標準かワントーン暗い色を選んでいました。
首と顔の色と差があり2段になっている人いますよね。


そうなりたくないので暗めを選んでいましたが、試しにワントーン明るめの色を選んだ時に
自分の肌がいつもより透明感がありとてもきれいに見えたんです。
それ以来ワントーン明るめを選んでいます。
気になる首と顔の差はそんなにありませんでした。
なのでたまにいつも選ぶカラーより明るめ、暗めに挑戦してみるだけで以外にも、自分の肌見せ効果がアップするかもしれません。

ファンデーションのカラー選び

ファンデーションはどんなブランドでも大きく分けると

  • ベージュ系
  • オークル系
  • ピンク系

3つのタイプに分かれています。
ベージュ系:黄味ががった色
オークル系:黄味がかった色
ベージュ系もオークル系も「黄味がかった色」です。
違いが分かりません。
ベージュとオークルの違いは黄色が濃いか薄いかの違い。

ピンク オークル ベージュ イエロー

オークルのほうが少し赤みがある
ベージュのほうが黄味がかっている。

自分の肌がベージュ系かオークル系か選ぶときには難しいところですが、
ノーマルな肌にはオークル系。

ピンク系
赤みの強い色
顔色を明るく見せたい方に。

オークル 色黒肌の方は、オークル系
ベージュ 赤みがある肌タイプはベージュ系
肌の赤みをおさえて、透明感のある肌に
色白の肌の方
ピンク 肌が黄色みがある方はピンク系
※黄色系の肌がベージュ系のカラーを選ぶと、
くすみが目立ち顔色が悪く見えてしまう。

BB、CC、DDクリームファンデーション

クリームファンデーションの中にはBBクリーム、CCクリーム、DDクリームがあります。
どんな違いがあるのかまとめてみました。

BBクリーム 日焼け止め+下地+ファンデーションが一体型
気になる部分の保護
CCクリーム 下地+コントロールカラー
色を補正するもの
DDクリーム 化粧水・美容液・日焼け止め・ファンデーション・アンチエイジング
日常的なオールインワン

ファンデーションの選び方、肌色の選び方で透明感の肌がすぐに手に入るかもしれません。
いつもと変えてみると意外に良い結果になることもあります。

ファンデーションを塗る順番

当たり前すぎますがスキンケアの後ファンデーションはいつ塗るの?
日焼け止めと化粧下地はどちらが先?
BBクリームは下地はいらない、日焼け止めは?

ファンデーションにSPFの紫外線防止効果があるので
スキンケアの後すぐファンデーションを塗ったり改めて考えると分からないことばかりです。

メイクの順番

スキンケア スキンケア スキンケア
日焼け止め
化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • クッションファンデーション
  • パウダーファンデーション
BBクリーム CCクリーム

クリームファンデーションはBBクリーム、CCクリームタイプが多いのでUVケア、下地効果もあるのでスキンケアの後は1本で完了。
時短メイクにはやはりクリームファンデーションがいいですね。

ファンデーションを変えるだけで美肌に見える。
毛穴が目立ってしまう、テカテカ光ってしまう。
そんな方は一度ファンデーションを変えて見てはいかがでしょう。

参考にしてください。