下駄から生まれたRe:getA (リゲッタ)は足の悩み解消してロコモ対策に効果あり!

Re:getA(リゲッタ)

先日リンクシェアのイベントに参加しました。

Re:getA (リゲッタ)

Re:getA はリゲッタと読みます。
Reはもう一度
getAはゲタと言う意味

直訳すると「下駄をもう一度」ってことになります。

Re:getA はリゲッタ

 

足の負担をなくし、しかも体の安定を考えてみるのなら下駄が最高に良い
それを靴にしていかせないかと考案されたのがRe:getAになります。

下駄の良さって?

昔から下駄をはくと健康になるといいます。
下駄は正しい姿勢で履くんですよ。
そういえば猫背で姿勢が悪くて下駄をはいている人って少ないかもしれません。

下駄はかかとから離してつま先で着地。
実はこれに大きな特徴があるんです

 下駄の発想から生まれたリゲッタ
靴を履いていると正しい姿勢で歩きにくい

パンプスになるといつの間にかつま先歩きしていませんか?
つま先歩きは致命傷なんです。

腰やひざを知らず知らずのうちに痛めている危険性があります。
勿論パンプスを長年履き続けていると外反母趾やマメやタコが出来て歩くのも痛くなります。

Re:getAは靴でありながら下駄の良さを取り込んでいるので
かかとから離してつま先で着地。

履いてみると体の安定性もあり非常に足に負担がかかりません。

Re:getAは安定性と履き心地の良さから高齢者に多くのファンが出来今では人気の商品で口コミで広まっている商品、一時は入手困難になったほど(゚д゚;) 。

Re:getAは3つの国のいいとこどり

日本下駄の履きやすさ
ドイツ機能性
イタリア洗練されたデザイン性

足に負担のない靴で年配者の間で人気が出たリゲッタですが
イタリアの洗練されたデザイン性も加わり幅広い年齢層で人気となりました。

 

しかも7.5cmなのに走れるパンプスo(*’o’*)o!!!!

デザインのいいリゲッタ

 

リゲッタは履いてみなくちゃわからない

下駄の発想から生まれたリゲッタですがまずは履いてみてください。
そういわれてさっそく履いてみました。
そう、靴はどんなに良いか特徴を教えてもらっても実際に履いて
歩いてみてからでないと本当に良いか悪いかはわかりません。

こちらのリゲッタ(Re:getA) グラマラス レオパードモデル
履いてみました。

リゲッタ(Re:getA) グラマラス レオパードモデル

アニマル柄でデニムやほかのファッションでも合わせやすい靴です。

もともと私の好きな靴はポインテッドトゥタイプなんですが、、、。
リゲッタは全体に丸い感じのデザインなのでどうかなっと思いましたが
これが意外とかわいい。
丸さを感じさせませんね。
きっとそれはヒールが高めだからか。

リゲッタ(Re:getA) グラマラス レオパードモデル

踵で蹴りだしつま先着地
足の運びもスムーズですよ
なんてたっていつもの靴と違うのが
靴が身体にくっついてる感じです。
それと言うのも私がいつも靴選びで失敗するのが
土踏まずがうまくぴたっと収まる靴になかなか出会えないからなんです。
これは逆に土踏まずを押し上げているようについているんです。

更に驚いたのは私が履いている靴のヒールが7.5cmヒールだということ。
年齢とともにおしゃれより身体が楽な靴となれば5㎝ヒールが最高に高いヒールでしたが
履いたリゲッタは7.5cmヒールです。

リゲッタ(Re:getA) グラマラス レオパードモデル
見た感じヒールの部分も細く一見不安定そうに見えたんです。

ところが履いたら全然違いました。
へぇ~、私も7.5cm履けるじゃん(^^)/
そしてね履いていると背筋がしゃんと伸びるんですよ。
だんだんとね楽に立つことを覚えると猫背になっているんです。
時々ウィンドウガラスでチェックするとひざが曲がって猫背になっている自分の姿(;’∀’)
ハッと気が付いて姿勢を正すんですが
リゲッタは履いていると体の重心が後ろに行くんですかねぇ、
意識しなくても背筋が伸びてる。
年配層に人気なのはここからも来ると思います。

インソールが普通と違うリゲッタ「ルーペインソール」

リゲッタの最大の特徴はソールが普通と違うんですよ。
ルーペインソール
NHKでも取り上げられた注目のソールは

リゲッタのルーペインソール
かかとをしっかりホールドする「ヒールカップ」
足にかかる負担を分散する「アーチサポート」
外反母趾を防ぐ「中足骨サポート」

今までの苦痛から開放してくれるソールになっているんです。
とにかく履いていて気持ちが良いのがすぐに実感できました。
長時間歩いてもこれなら絶対疲れないと思います。

大阪の靴職人が生み出すリゲッタだから高機能で低価格

これだけ靴の悩みを解決してくれるものは探すとなると結構お高めなんですよね。
私も自分の足になかなか合う靴を選ぶのが大変で
歩きやすい靴となると何万もするのでううぅ、、、ん。っと悩んでしまいますが
リゲッタはこんなに考案されていて素材も最高
製品も最高なのに1万円以下です。
これは靴選びに悩んでいる人には最高にうれしいですよ。

こんなに安いのは大阪で頑張っているからでした

 大阪生野区から生まれたリゲッタ
「大阪の靴の町・生野をリゲッタで活性化 したい」
この精神で頑張ってましたよヾ(=^▽^=)ノ
靴作りの街の文化を存続できる生産体制

やっぱり日本人は品質の高い最高の技術を低価格で販売してくれるリゲッタ!

リゲッタの靴のサイズ

靴で大事はサイズ選び
靴で一番の悩みどころはサイズ選びですよね。
実際に店舗に行って足を入れて確かめて買っても
あとあと、あれこんなじゃなかった。
歩いたら痛くて歩けないよっ、ってことありますよね。
だから通販なんてさらに難しいです。

リゲッタのサイズはS,M,L、LLで分かれています。

S:22.0~22.5cm
M:23.0~23.5cm
L:24.0~24.5cm
LL:25.0~25.5cm

こんなかんじですね。
思ったのはこれはリゲッタだからできるサイズだと思いました。
っていうのは多少のサイズもソールがしっかり足をホールドしてくれるから
だと思います。
しかも足は微妙にサイズが変わるんですよ朝と夜でも
同じ靴を履いてもむくみの症状でだいぶ変わる
リゲッタはそこにも注目しているんですよね。
だからこんなサイズになったんだと思う。

リゲッタのサイズ選びのコツ

 

リゲッタにはアジャスタ(左右2枚)ついているのでそれで調節します。
例えば
普段23㎝サイズの人はMサイズ。
履いて大きく感じたらアジャスタを入れて調節します。

人工皮革で片足300gの超軽量

リゲッタが評判の理由の一つは軽さ。
見た目より軽いです。
どれも片足300g以下

ロングブーツでもなんと340gです。

リゲッタのおすすめな靴たち

リゲッタ(Re:getA) グラマラス ロングブーツ

リゲッタ(Re:getA) グラマラス ロングブーツ
これからは断然ブーツがおすすめ
ブーツが重くて歩きにくい
夕方にはパンパンでファスナーが締まらない
ブーツの悩みがリゲッタなら解消
しかも7.5cmヒールのブーツが足に楽々フィットして疲れないんだからこれは最高。
人工皮革で片足340g
しかもこんなに履きやすくて価格が
11,800円(税込)送料無料

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース

リゲッタ人気第3位

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース

一見メンズ?っと思ったらこれレディースです。

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース

超軽い!まるで履いてないみたい。

めちゃめちゃ履きやすい。

このタイプって選ぶことなかったんだけどこれ、いいね。
軽くて脱げない!
旅行に便利
運転中もとってもいい
自転車にも漕ぎやすい
ってことで人気第3位

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース

かかと部分はこんなにやわらかだから潰して履けるよ。

リゲッタ(Re:getA) ローファー・ドライビングシューズ レディース

 

グラマラス9cmハイヒールパンプス

グラマラス9cmハイヒールパンプス
結婚式、同窓会、女子会今日は高めのヒールでお出かけしたいわっ、。
でもやっぱり足が痛くなったら困る、、。
リゲッタは9㎝ヒールでも軽快に履けます。
サイズは21.5cm~25㎝まで
人気の色から完売しています

どうですかリゲッタ
健康はまずは足から!
痛い靴を無理して履いていると病気になっちゃいますよ。
私の足の三重苦をリゲッタなら解決してくれると思いました。

外反母趾、モートン病、マメ痛
これが私の足のお悩みです。
更に立ち仕事で悪化している足。

リゲッタに出会えてよかったと思いましたね。

足の悩みをお持ちのあなた
是非リゲッタをチェックしてみてください。
悩みが解決するかもしれませんよ。

ささみい 
ロコモを気にするあなたには
ドライビングシューズでお散歩してください。
毎日軽快に歩けますよ。いつまでも元気で行きましょう!!!