夏場に欠かせない扇風機、サーキュレーターとエアコンの使い方

コロナ対策と扇風機日々の暮らし

エアコンと扇風機&サーキュレーター

夏の新型コロナウィルスでエアコンに注意が必要。
中国・広州市のレストランでエアコンによる新型コロナ発生。
このニュースによりエアコンの気流に乗り飛まつ感染が起こりクラスターが発生しました。

今年の夏はエアコンの使い方に注意が必要です。
どんな風に使えばいいのか?

エアコンは部屋の空気を吸い込み、温かくしたり冷たくしたりして空気を循環します。
循環はするけれど換気は出来ません。

コロナとエアコン

エアコンによりウィルスを拡散することになってしまいます。

以下「ダイキン」の公式サイトより参考にしました。
汚染物質とは?
汚染物質(人間に対して悪い物)は、⼆酸化炭素(CO2)、⼀酸化炭素(CO)、ホルムアルデヒド(HCHO)、ハウスダスト、花粉、細菌、ウイルスなどがあります。
換気をすることで、これらの汚染物質を部屋の外に出したり、薄めたりすることが期待できます。

家での換気の仕方

○窓を開けて空気の通り道をつくる。
時間と回数の目安は、1時間に5~10分程度
1時間に10分の換気を1回するよりも、1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高い。

○空気の通り道を作る
2カ所の窓を開けることで空気の通り道をつくる。
2つの窓は対角線上であるほうが良い。

○窓が1つしかない場合
部屋のドアを開けて、扇風機などを窓の外に向けて設置。
汚れた部屋の中の空気を外に出す。

○窓がない部屋の場合
部屋のドアを開けて、扇風機などを置いて部屋の外に空気が流れるようにする。

○台所の換気扇を活用
排気量が特に大きい台所の換気扇を運転。

○家全体を換気したい時
バルコニーに接する窓と玄関側のどちらかの窓を開け、途中の扉を開ける。

扇風機&サーキュレーター

扇風機
エアコンと併用することで室内の空気を循環させることができ、電気代の節約に
リビング扇風機、壁掛け型、首にかけられる携帯型、デスクワーク時に便利な卓上型があります。
サーキュレーター
サーキュレーターは空気を循環。

※扇風機は涼しくする効果、サーキュレーターは空気を流す働き。
エアコンと一緒に使うことで部屋の中を涼しく、きれいな空気にする工夫が必要。

おススメ。

♦東芝 F-ALY50 ホワイト [リビング扇風機 (リモコン付き)] 扇風機・サーキュレーター

東芝 F-ALY50 ホワイト [リビング扇風機 (リモコン付き)] 扇風機・サーキュレーター

 

♦アイリスオーヤマ PCF-HM23-B ブラック [サーキュレーター(-20畳)] 扇風機・サーキュレーター
扇風機よりもパワフル送風のサーキュレーター

アイリスオーヤマ PCF-HM23-B ブラック [サーキュレーター(-20畳)] 扇風機・サーキュレーター

 

♦DYSON TP04WSN ホワイト/シルバー Pure Cool [空気清浄機能付きタワーファン(リモコン付き)] 扇風機・サーキュレーター

DYSON TP04WSN ホワイト/シルバー Pure Cool [空気清浄機能付きタワーファン(リモコン付き)] 扇風機・サーキュレーター

 

♦メトロ FU-1201 隠れfan [DCモーター ファンユニット (サーキュレーター)] こたつ関連用品
こたつのヒーターを取り換えるだけで涼しく快適に過ごせる。

メトロ FU-1201 隠れfan [DCモーター ファンユニット (サーキュレーター)] こたつ関連用品

ささみい 
こたつファンは換気はしないけれども、冬のアイテムを夏仕様にすることで驚きのアイテムだと思います。

 

PREMOA(プレモア)