ロコモ対策は足元から「トパーズ」の靴は履きやすい疲れにくい

美容と健康

ロコモ
この言葉よく聞きますね。

ロコモとは

運動器症候群
ロコモティブシンドローム

運動器の障害により起こることです。
ひどくなると「寝たきり」「要介護」になってしまいます。

簡単に言うと寝たきりや要介護にならないために運動しましょうってことですね。

それがロコモ対策です。

メタボとロコモの違いは

メタボもロコモもよく聞かれます。
名前が似ているようで詳しくは分からない。

メタボは
メタボリック症候群
太りすぎによる心臓、脳血管など内臓機能の低下。

メタボ=内臓機能低下
ロコモ=運動機能低下

40歳から気をつけようメタボ&ロコモ

メタボとロコモどちらも機能低下により
老後の未来が明るいか暗くなるのか
毎日の生活習慣で変わってきます。

ここは踏ん張り時です。
40歳を過ぎたら気をつけましょう。

そのためには何をしたらいいのか?

  • 食べすぎ注意
  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 日光浴

これを心掛けることで
死ぬまで健康、寝たきりの生活を送らないようになりますね。

ジョギング

ポイントはウォーキング
毎日歩くことを心掛けて過ごしましょう。
歩くことは健康の早道。

全身運動にもなり手軽にできる有酸素運動。

有酸素運動で脳の活性化にも有効。

認知症予防にもつながるんです。

ロコモ対策シューズで寝たきりにならない

新しい靴を買ったときにこれは履きやすいかなっと思って買ったものが
とても良かったんです。

女性の方必見ですよ。

是非topazを履いてロコモ対策しませんか♪

おしゃれに素敵にロコモ対策しましょう。

 

 

TOPAZ aruko

 

ウォーキングはスニーカーが一番いいんですが
女性の場合はスカートやワンピースを着たりでスニーカーが合わない時があるでしょ。

歩きやすいサンダル欲しいですね。

topazのサンダルを購入しました。

topaz aruko

↑いたって普通のサンダルですが。

足のことをしっかり工学したサンダルでした。

 

 

ロッカーボトム構造採用

靴医学から強力サポート

靴医学の井口博士と世界長ユニオンが共同開発しています。

3Dフッドヘッド

縦横のアーチを立体的に支え足裏にフィットして支えてくれます。

 

ロッカーボトム構造採用

歩くときの体重移動をスムーズにするように
「踏み返し支点を人間工学により設定されています。

3Dフッドヘッド

ソールの部分がぴったりフィット
歩いているときに足が痛くなるかどうかはソールで変わります。
ソールがぴったりと私の足裏にフィットします。

ソールの部分がぴったりフィット
さらにクッションがとてもいいです。
足裏のあたりが優しいです。

靴がフィットすると自然に歩く姿勢もよくなり
歩幅も広くなります。

始めてトパーズのサンダルを履きましたが
全く苦痛がないんです。(くつだけに、、、(;’∀’))

長く歩いても足が痛い!それが全くない。

滑らないサンダル

靴底も滑りません。

非常に歩きやすいし疲れません。
これなら旅行に履きたい靴です。

topazの靴はリピしたい靴でした。

トパーズはスニーカーも履きやすい

歩きたいけどフィットするスニーカーが見つからない。
足が痛くなるので歩くのが苦痛。

そんな方に一度試してほしいトパーズのスニーカーです。

私自身、靴選びはいつも大変です。
外反母趾でありモートン病で靴が違うだけで足の痛みが変わります。

モートン病
足裏の前の部分に歩くと痛みがでます。

 

健康一番

これで毎日軽快に歩くことができますよ。

コメント