130万円の壁を乗り越えて投資を考えて不動産投資「コンシェリア」

賢い貯蓄術

働く主婦130万円の壁ってどんな壁?
今年の10月から働く主婦の社会保険加入について何やら騒いでおります。
私も働くパート主婦なのでこれは大変興味がある事ではありますが実際に何が何やらさっぱり理解不能ヽ( ̄д ̄;)ノ=3

2016年10月から施行される法改正により社会保険の加入条件が変更しました。
この為社会保険に加入しなくてはならない対象が増えました。
社会保険料を支払う義務が発生するとどうなるのか!
振り込まれる給与も減ってきます。

◼️社会保険の「130万円の壁」

たとえばパートなどで働く主婦で年収が130万円以内であれば、サラリーマンなどの夫の扶養内となることができます。

別途社会保険に加入する必要はありません。
年収が130万円を超えてしまうと、社会保険に加入しなければならなくなります。

扶養家族から外れ、別途社会保険料の支払いが発生します。

これまでは主婦がパートなどで働く場合、130万円を超えない様に調整していました。

※壁は130万円から106万円へ

今回の改正により社会保険に加入する年収の条件が106万円に変わりました。

◼️主婦の働き方が2つに分かれる!
現状では106万円の壁は従業員数が501名以上の大企業に限られています。

しかし今後は中小企業で働いていても対象となるケースも増える可能性があります。
夫の扶養に入りながら、パートを続けてきた主婦は、家族の手取り収入を下げないために
106万以上もっと働く
年収106万円以下で働く
2つの選択をしなくてはならなくなります。

家計
◼️投資と言う選択肢が増えてくる
1年間で100万円のパート代が高いか安いかは家庭の家計により考え方が分かれるところではありますが
やはり将来を考えで見ると年金問題もあるし
20年先、30年先どうなるかが全く分かりません。

確実に将来を不安なく過ごすことが出来るためにはどうするのか?

安心した投資を考える人が増えています。

※今注目されている不動産投資
不動産投資

安定した将来を向かえるために解決する1つの方法として注目されているのが不動産投資です。
不動産投資は、ローンを使って物件を購入したとして、毎月のローン返済を毎月の家賃収入で返済していきます。
今まで貯蓄に回していた分を生活費に
将来の貯蓄や収入源を不動産にします。
不動産投資のローンには一般的に団体信用生命保険と言う生命保険がセットになっています。
ローン返済中に夫にもしもの事があった場合、残りのローンの残債がすべて保険によって支払われ、
家族に不動産だけが残ると言うものです。
最近では、これを生命保険代わりとして利用し、
これまで掛け捨てていた定期保険などを見直すケースが増えています。

しかし不動産は大きな買い物です。
なかなか決断するのは難しい。
投資というとリスクがつきものですから!
投資の選択手段として不動産でも知識を蓄えてみると一言不動産といっても中身が違うことが分かってきます。
不動産投資

専門の会社が開催するセミナーに参加してみる。
資料請求してみる。

私の場合興味がある事でセミナーがあれば参加しています。
ネットではなかなか知り得ない事も専門家が詳しく説明してくれると理解できたり会場に行くと多くの人が興味を持っているんだと驚いたり

投資の知識を蓄えたり、家計の相談をしてみたりするのも良いかもしれません。
今の日本では自分たちの身は自分たちで守る時代になって来てます。
不動産投資も選択手段としてある事。

詳しくは公式サイトでチェックしてみてね。
>>>入居率99%の不動産投資【コンシェリア】
クレアスライフ



不動産投資