敏感肌の白髪染め!マックヘナの「ナチュラルオレンジ」染めました。

美髪のヒント

ヘナカラー「マックヘナ」

今日は時間があるので白髪染めをします。
ヘアカラーはいつも「ヘナ」を自宅で染めます。

市販のヘアカラーはどのメーカーを使っても敏感肌の為、皮膚に炎症が出来てしまうので20年以上ヘナを使って染めています。

今回使ったのはマックヘナ
カラーはナチュラルオレンジ。

(前回は「ナイアード」の「赤茶系」でした。)

白髪で敏感肌のヘアカラーにはヘナ!「ナイアード」の赤茶系で染めました
白髪で敏感肌のヘアカラー いつの頃か白髪が生えてきて、 60代を過ぎた頃には生え際が1か月も経つと1列にずらりと白髪と染めた部分がくっきり分かれます。 歳はとりたくないですね。 そしてその1か...

マックヘナの特徴

マックヘナはナイアードと同じくらい良く使う商品です。

♥マックヘナの特徴
・USDAオーガニック認証製品
・100%天然植物成分
・カラーバリエーションが豊富
・髪にハリ、コシ、ツヤを与えるトリートメント効果
・30~40分で仕上がり、色持ち約4週間
↓オーガニック認証のマックヘナ↓

♥マックヘナのカラーバリエーション
・クリスタルシャイン
・ナチュラルオレンジ
・ナチュラルブロンズ
・ナチュラルライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ナチュラルダークブラウン
・インディゴブルー
7つのカラーがあります。


ヘナの場合はカラーの種類が少ないのですがマックヘナの場合7つは多いほうだと思います。

化学染料・人口色素ゼロ
白髪を染めたいけれど市販のヘアカラーで染められない。
ヘナは植物で染めるので染めたくても染められない敏感肌の方にお勧めしたいヘナ。
(※ほとんどの場合はヘナ100%ですが、中には化学染料の入った商品もあるので原料はしっかりと確認したほうがいいです。)


マックヘナは有機栽培の100%ヘナ使用。

マックヘナの内容

箱の中には
・マックヘナパウダー
・手袋
・説明書

 

説明書と一緒に薄手の手袋が入っていますが私は薄手のゴム手袋を使います。

ヘナカラーの使い方

ヘナはどのメーカも使い方は同じです。

パウダー状なのでボールなど容器にヘナパウダーを入れたらお湯を注ぐだけ。

マックヘナ

↑ヘナはほぼ緑色してます。


お湯の温度は43度くらいなのでお風呂の温度くらいです。
※ヘナ60gに対してお湯約200㏄

ハケでマヨネーズくらいのペースト状になるまで混ぜていきます。

髪全体に塗布していきます。

全体に染め上げたらラップで包んで放置。
30~40分

マックヘナの染め上がり


ヘナのオレンジ系はメッシュのように白髪の部分は赤い染め上がりになります。
市販のヘナは30~40分の放置時間ですがいつもそれ以上放置しています。

マックヘナの保存方法
ヘナはパウダー状なので1箱100gで3~4回使えます。
(私の場合はセミロングでひと箱で4回くらい使えます。)
目安は
・ショートヘア30g
・セミロング 60g

♥ヘナカラー使用20年の髪の状態
20年以上ヘナカラーを使っていますがヘナは髪が傷まないのが特徴。
60代でヘアカラーをしている方と比べると痛みが少ないような気がします。
インドではトリートメントとしても使われるくらいなのでパサつきは市販のヘアカラーより断然少ないです。
植物なので独特のニオイも全くなし。
デメリットとしては
・時間がかかる
・数日タオルに色が付く
どうしてもタオルに色がついてしまいます。

でも肌に優しくてオーガニックで髪も傷まずに染められるのでメリットの方が断然多いのです。
ヘナカラーを使ったことがない方、一度ヘナを使ってみては!
思ったより簡単に染まります。